Unity Unity Learn

Unity LearnのRoll a Ballを作成 初心者おすすめ~アイテムの作成~

投稿日:

Unityを学びたい初心者の方や基礎を学びたい方に向けて、
Unityが公式で紹介しているRoll a Ballをまとめました。
今回は第5章のアイテムの作成の設定についてです。

こちらは、以下の第4章からのつづきです。
Unity LearnのRoll a Ballを作成 初心者おすすめ~プレイエリアの設定

※アプリを作成する中で、不明点等でわからないことが
でてくると思います。その際は、1人で悩まずに気兼ね
なく、相談したいことがあれば、コメントまたはtwitter
で連絡ください。
twiiterアカウント~otakutomo~

※Roll a Ballは2020年8月に新しくなりました。
 以前のものを興味ある方は以下のリンクから見ることが
 できます。
Roll a Ball~Unity Learn~

Unity LearnのRoll a Ballを作成 ~アイテムの作成~

Roll a Ballのアイテムの作成は以下のリンクを参考に作成していきます。
Roll a Ball(creatingcollectibles)

アイテムの作成

今は、プレイヤーが動くのみです。
ゲーム性を出すために、プレーヤーがアイテムを取得して
スコアを増やしていけるようにします。
今回はアイテムの作成を行います。

まずは、以下の手順でアイテムを作成します。

  • 左側のHierarchyの配下に右クリック-「CREATE」-「3DObeject」-「Cube」で、名前を「PickUp」で作成する
  • 「PickUp」のTransformを以下の設定にします。  
      Position x:2 y:0.5 z:0
      Rotation x:45 y:45  z:45
      Scale x:0.5 y:0.5 z:0.5

  • Assetsの配下に右クリック-「CREATE」-「Materials」で、名前を「PickUp」で作成する
  • 「Materials」フォルダの配下に「PickUp」を移動します
  • 「PickUp」のBaseMapを以下の設定にします。
    R:255 B:200 G:0
  • 作成した「PickUp」マテリアルを先ほど作成した「PickUp」にドラッグで持っていきます。
    その後、色が変わることを確認してください

オブジェクトのプレハブ化

アイテムの作成ができました。
アイテムを1つだけでなく、何個も取れるように
複製していきます。
複製する前に作成した「PickUP」をプレハブ化します。
※プレハブはオブジェクトの元になるオブジェクトです。
 プレハブ化したオブジェクトを変更すれば、複製したオブジェクト
 も変更されます。
 詳細について、知りたい方は以下のサイトがおすすめです。
 2分でわかるPrefab(プレハブ)について

プレハブ化は以下の手順で行います。

  • Projectの「Asset」配下に「Prefabs」フォルダを新規作成
  • 左側のHierarchyの配下にある「PickUp」オブジェクトを
    「Prefabs」フォルダにドラッグで、格納します

次は、アイテムを複製していきます。
まずは、複製したアイテムをまとめるための親オブジェクトを作成後に、アイテムを複製します。

  • 左側のHierarchyの配下に右クリック-「CREATE」-「GameObeject」で、名前を「PickUp Parent」で作成する
  • Hierarchyの配下の「PickUp」をドラッグして、作成した「PickUp Parent」にもっていきます。
  • 「PickUp Parent」の配下に「PickUp」を複製し、
    並べます。

並べ方は自由に並べていいです。
例として、以下では円形に12個のアイテムを並べています。

次に、「PickUp」プレハブ(Prefab)の設定を変更します。
まずは、「PickUp」プレハブを選択します。
選択の仕方は以下のどちらかで可能です。
・「Prefabs」フォルダ配下の「PickUp」
・Hierarchyにある「PickUp Parent」の配下「PickUp」の「>」を
選択します。

「PickUp」プレハブを開けたら、以下の操作を実施します。

  • Tagを選択し、「Add Tag…」を選択し、「PickUp」の名前でタグを作成します。
  • Tagを作成した「PickUp」に変更します。
  • BoxColliderの「is Trigger」にチェックが入っていることを確認します

アイテムを回転させる

最後に、作成したアイテムが固まったままのため、動作をつけます。動作として、「PickUp」を回転させます。
手順は以下の通りです。

  • 「PickUp」プレハブを選択します。
  • Inspecterの一番下にある「Add Component」-「New Script」を選択、「Rotater」の名前で作成します。
  • 「Assets」の配下に作成した「Rotater」を「Script」配下に移動します
  • 「Rotater」には下記に記したコードを記載しています

これで、完成です。
ゲームをプレイすると以下の様に
アイテムが回転することがわかると思います。

おわりに

以上で、Roll a Ball のアイテムの作成は終わりです。
今回は、以下のことをしました。

  • アイテムの作成
  • オブジェクトのプレハブ化
  • オブジェクトを回転

今回はオブジェクトをプレハブ化しました。
ゲームを作成する際は、同じものを複製することが
多いため、プレハブ化については知っておくと便利です。
引き続き、Roll a Ballを作っていくので、
よろしくお願いいたします。

※今回のこと以外でもアプリを作成する中で、不明点等でわからないことがでてくると思います。その際は、1人で悩まずに気兼ね
なく、相談したいことがあれば、コメントまたはtwitter
で連絡ください。
twiiterアカウント~otakutomo~

-Unity, Unity Learn
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

Unity でARcoreを使いマーカーARのサンプルアプリの作り方(AugmentedImage)

Unity でARcoreを使いマーカーARのアプリを作りたい方やARについて学びたい方 このような方に向けてARCore SDK for Unityに含まれているサンプルであるAugmentedIm …

Unity LearnのRoll a Ballを作成 初心者おすすめ~プレイエリアの設定~

Unityを学びたい初心者の方や基礎を学びたい方に向けて、Unityが公式で紹介しているRoll a Ballをまとめました。今回は第4章のプレイエリアの設定についてです。 こちらは、以下の第3章から …

Roll-a-Ball3(Moving the Player)~Unity~

はじめに 「Roll-a-Ball」とは、Unity Learnの1つで、 球を自分で転がしてアイテムを集めて得点を稼ぐゲームです。今回は、 「Roll-a-Ball」 のプレイヤーであるボールの動作 …

Roll-a-Ball4(Camera And Play Area)~Unity~

はじめに 「Roll-a-Ball」とは、Unity Learnの1つで、 球を自分で転がしてアイテムを集めて得点を稼ぐゲームです。今回は、 「Roll-a-Ball」 のカメラの動作についてです。U …

エディタにVisual Studioを使う~Unity~

はじめに Unityでスクリプトを作成する際に、Visual Studioをエディタにすることがおすすめです。Visual Studioにすることで、コードが書きやすくデバックもしやすいです。 Vis …