Unity Unity Learn

Unity LearnのRoll a Ballを作成 初心者おすすめ~ゲームセットアップ~

投稿日:2020年12月12日 更新日:

Unityを学びたい初心者の方や基礎を学びたい方に向けて、
Unityが公式で紹介しているRoll a Ballをまとめました。
今回は第1章のゲームのセットアップについてです。

※アプリを作成する中で、不明点等でわからないことが
でてくると思います。その際は、1人で悩まずに気兼ね
なく、相談したいことがあれば、コメントまたはtwitter
で連絡ください。
twiiterアカウント~otakutomo~

※Roll a Ballは2020年8月に新しくなりました。
 以前のものを興味ある方は以下のリンクから見ることが
 できます。
 Roll a Ball~Unity Learn~

Unity LearnのRoll a Ballを作成 ~ゲームセットアップ~

Roll a Ballのゲームセットアップは以下のリンクを参考に作成していきます。
Roll a Ball(Setting up the Game)

プロジェクトの作成

始めに、プロジェクトの作成を行います。
以下の手順で作成をします。

  1. Unity Hubを起動
  2. 新規作成の右にある↓矢印から該当のUnityの
    バージョンを選択します。(今回は2019.4.16f1を選びます。)
  3. テンプレートは「Universal Render Pipeline」を選択
  4. プロジェクト名は「Roll_a_Ball」に変更
  5. 保存先は任意の場所を選択
  6. 「作成」ボタンを押下し、作成完了です。

※Unityのバージョンについては事前にUnity Hubに追加して、
 準備する必要があります。

続いては、テンプレートで入っているものを
フォルダの中にいれ、新規でシーンを作成します。
手順は以下の通りです。

  • Assetsの配下に「Template」のフォルダを新規に作成
    (右クリック-「CREATE」-「Folder」)
  • 作成した「Template」の中に初めからはるフォルダと
    ファイルを全部移動させます。
  • Assetsの配下に「Scene」のフォルダを新規に作成
  • 「Scene」の配下に「MiniGame」を作成
    (右クリック-「CREATE」-「Scene」)

以上で、準備が一通り終了となります。

地面とプレイヤーの作成

プレイするフィールドである地面とプレイヤーを作成します。
始めに地面を以下の手順で作成します。

  • 左側のHierarchyの配下に右クリック-「CREATE」-「Plane」で、名前を「Ground」で作成する。
  • Inspectorの設定を以下のように変更する
    Transform-「Position」 X:0、Y:0.5、Z:0
    Transform-「Scale」 X:2、Y:1、Z:2

地面の作成は以上です。

次は、プレイヤーの作成です。
以下の手順で作成します。

  • 左側のHierarchyの配下に右クリック-「CREATE」-「Sphere」で、名前を「Player」で作成する。
  • Inspectorの設定を以下のように変更する
    Transform-「Position」 X:0、Y:0.5、Z:0

太陽の光の色とオブジェクトの色

始めにオブジェクトに当たる光の色についてです。
光の色は「Directional Light」で設定されています。
以下の様に設定を変更します。
 ・LightのColorを選択
 ・R:255、G:255、B:255、A:255

次に、オブジェクトの色です。
始めに

  • Assetsの配下に「Materials」のフォルダを新規に作成
    (右クリック-「CREATE」-「Folder」)
  • 「Materials」は配下に「BackGround」を作成
    (右クリック-「CREATE」-「Material」)
  • 「BackGround」のInspectorのBaseMapを選択し、以下の様に設定する。
     ・R:130、G:130、B:130、A:255
  • 作成した「BackGround」を「Ground」にドラッグで
    持っていくと色が変わります。

次はプレイヤーの色です。

  • 「Materials」は配下に「Player」を作成
  • (右クリック-「CREATE」-「Material」)
  • 「BackGround」のInspectorのBaseMapを選択し、以下の様に設定する。
    ・R:0、G:220、B:255、A:255
  • 作成した「Player」を球体の「Player」にドラッグで
    持っていくと色が変わります。

おわりに

以上で、Roll a Ball のゲームのセットアップは終わりです。
今回は、以下のことをしました。

  • プロジェクトの作成
  • GameObjectの作成
  • Materialの作成

Unityを使う上での基礎となりますので、
ぜひ、覚えて使いこなしてください!
引き続き、Roll a Ballを作っていくので、
よろしくお願いいたします。

次はプレイヤーの移動についてです。
Unity LearnのRoll a Ballを作成 初心者おすすめ~プレイヤーの移動~

※今回のこと以外でもアプリを作成する中で、不明点等でわからないことがでてくると思います。その際は、1人で悩まずに気兼ね
なく、相談したいことがあれば、コメントまたはtwitter
で連絡ください。
twiiterアカウント~otakutomo~

-Unity, Unity Learn
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

Unityでゲーム以外の作れるもの!~活用事例あり~

Unityの開発に興味ある方、ゲームは作れるのは知っているが他にどんなものが作れるか知りたい方 このような方に向けて、Unityでゲーム以外で作れるものをまとめました! Unityでゲーム以外の作れる …

Unity ハイスコアを保存する~ゲーム、アプリが終了しても記録を残す方法~

Unityで作ったゲームやアプリのハイスコアを保存したい方、ゲームやアプリを終了してもデータを保存したままにしたい方に向けて記事をまとめました。この方法は、PC、アンドロイド、iOSのどれにも対応して …

エディタにVisual Studioを使う~Unity~

はじめに Unityでスクリプトを作成する際に、Visual Studioをエディタにすることがおすすめです。Visual Studioにすることで、コードが書きやすくデバックもしやすいです。 Vis …

Unityで作成したゲームを WebGLで公開する手段について

作成したゲームを公開したい方に向けて、公開する手段について説明します。 Unityで作成したゲームを WebGLで公開する手段について Unityで作成したゲームを公開できる場所については以下の種類が …

ゲームの作り方~Unity~

Unityのインストール Unityにはプランが以下の4種類あります。Personal、Plus、Pro、EnterprisePersonalが無料で提供されています。他は、Plus、Pro、Ente …